クリーニング宅配サービスのススメ

クリーニング宅配サービスって本当に使えるの?実際に利用している主婦が徹底解説します!

*

スキーウェアの撥水加工はするべきか

   

スキーウェアの撥水加工はするべきか毎年、スキーシーズンが終了すると近所のクリーニング店に、スキーウエアを持ち込みます。

受付で「撥水加工」を勧められますが、どうしますか?「そりゃあ濡れた嫌ですから、撥水加工をしてもらうよ」と返してしまうことでしょう。しかし、答えは「ノー」です。

ただし、「スキーウエア自体の撥水加工が効いているうち」の話ですが。元々、スキーウエアには生地に撥水加工が施されていますよね。

クリーニングで更に撥水加工をしてもらうことで、生地そのものに施されていた撥水加工が落ちてしまうのです。ですので、新品で購入したスキーウエアや、まだ数シーズンしか経っていないスキーウエアには、撥水加工を施さなくてもOKなのです。

このことを知らなかった私は、買ったばかりのスキーウエアをあっという間に「撥水加工が落ちた」スキーウエアに変えてしまい、逆に撥水加工をかけないとダメなウエアにしてしまいました

もちろん、使い込んで古くなってしまったウエアには、撥水加工を施して下さいね。

 - クリーニング使ってます